読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

発音と聴き取り ②

コピーイング・シャドーイング・ディクテーション

発音と聴き取り能力を上げるために上記の3つの方法で練習している。コピーイングはネイティブの発音動画で、シャドーイングとディクテーションはYoutubeにあるTEDのedシリーズを活用している。

 

練習の順番

さて、問題は3つをどのような流れで行うのかという事である。まず最初はコピーイングである。次にシャドーイングとディクテーションだがここに工夫が必要である。なぜかというと同じ動画を使うからである。今日は 5分程度の動画の 冒頭の30秒をディクテーション→答え合わせ→残りの動画をシャドーイング→キーフレーズの抜出→要約→ディクテーションの答えを暗唱→気に入った表現を用いて英作→録音した発音を投稿 という流れだった。問題は黒字の部分で、答え合わせをシャドーイングの後に持っていくべきであった。答え合わせを先にして、おおまかな内容を把握してしまったため、シャドーイングの力を純粋に測れなかったように感じた。次はディクテーション→シャドーイングの→答え合わせの順でやる。

 

コピーイング

コピーイングの練習をしていて、上達の壁を感じ始めた。今日知った新たな発音練習のポイントは、発音の繰り返しと改善点の誇張である。この練習法は新しい脳のニューロンの回路をいかに形成するかという観点から考えられた方法らしい。そいえば子供は繰り返しが好きだし、アクセントやイントネーションは大げさだし、声がでかい。シンプルだが、RepetitionとExaggerationを取り入れる。

 

ディクテーション

書きとれたのは良いところで9割、ダメなところで5・6割、全体で8割にいかない程度かと思う。聞き取れていないところは2パターンで、①主に機能語の部分で早口になっているところ②単語や表現を知らなかったところである。②はききとれなくて当たり前だとも思うが、意味が分からなくても音はとれるはずである。音だけで取れないという事は、英語の音声回路が不十分である証拠であろう。機能語早口の部分は重点的に練習して、発音含め丸覚えしたい。今日出てきた表現はthan those of yourであった。orや複数形のsも聞きこぼした。改善する。

 

鏡とこだま

ディクテーションや発音の録音、英作文を通して感じた事は、客観性の大切さである。見えるかしたり、対象化することによって、現状レベルと改善点が明確になる。発音の録音をするとくじけそうになる。しかし10日後・1か月後にはかならず目に見える変化を実感している。継続あるのみ。